/

この記事は会員限定です

ピュリティ ジョナサン・フランゼン著

情報戦 覇権争いの今を描く

[有料会員限定]

「ベルリンの壁」の崩壊以降に、世界秩序は大きく変化し、今では米国と中国が覇権争いをしている。争点になっているのが、ビッグデータを利用した情報テクノロジー産業であることは言を俟(ま)たない。東西冷戦時代にまでさかのぼりつつ、そんな覇権争いの「今」を扱う意欲作だ。

現代アメリカ文学を代表するこの作家は、心理描写を得意とする。家族の人間関係の中に世界の縮図を読みとり、それを寓話(ぐうわ)として描くことに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り705文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン