2019年7月16日(火)

マイゴルフ

フォローする

プロテスト 「早く戦いたい」16歳で合格
稲森佑貴(2)

2019/6/13付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

プロの試合を初めて生で観戦したのは2004年、10歳のとき。地元・鹿児島で行われたカシオワールド(指宿GC開聞)だった。J・ローズが出場しており「サイン、プリーズ」と言って帽子か手袋にサインをもらった記憶がある。翌年のダンロップフェニックス(宮崎)では、テレビの世界にいたT・ウッズを目の前で見て興奮した。

プロを意識したのは、07年マンシングウェアKSBで3歳年上の石川遼さんがアマ優勝の快挙を果…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
プロ同期入門の出水田のツアー初優勝が刺激になった

 シード選手になって、周りから「近いうちに勝てるよ」と言われ好機を逃し続けても、焦らずプレーすることを心がけていた。そんな僕に、一番の刺激になったのは九州勢の初Vラッシュとなった昨年の8月、同郷の出水 …続き (7/12)

肩、胸のラインと腰や膝、スタンスのラインがスクエアになるように構えるのがオーソドックス

 アドレスはゴルフの基本だ。おろそかにして上達はあり得ない。肩、胸のラインと腰や膝、スタンスのラインがスクエア(平行)になるように構えるのがオーソドックス。ただ、人それぞれに構えやすいポジションがある …続き (7/5)

肩に力が入らない程度で握る

 本格的にゴルフに取り組み始めた小学1年から2年まではベースボールグリップでクラブを握っていた。時松隆光さんの活躍で注目された「テンフィンガー」である。幼い頃は手が小さいから、ベースボールグリップのほ …続き (6/28)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。