スナップチャット、ARで利用急増 顔写真の男女が転換
読み解き 今コレ!アプリ フラー最高マーケティング責任者、杉山信弘

2019/6/12付
保存
共有
印刷
その他

NIKKEI MJ

現実の世界にコンピューターを使って情報を加える、拡張現実(AR)機能を搭載したアプリが広がっている。なかでも、数十秒の閲覧時間を指定して写真や動画を送り合えるSNSアプリ「スナップチャット」の人気が急速に高まっている。

スナップチャットのアプリで子どもにも変身できる(筆者)

スナップチャットのアプリで子どもにも変身できる(筆者)

スナップチャットは米国では20代の男女を中心に熱烈な人気を持ち、フェイスブック、インスタグラムに次ぐ利用者数を誇る。足元でヒットとなったのは、5月に入り全世界でリリースした新ARフィルター機能だ。「性別交換」として男性を女性に、女性を男性のように雰囲気を一変させる。まるで赤ちゃんのように見た目を若返らせることもできる。

フラー(千葉県柏市)が運営するアプリ分析ツール「AppApe(アップエイプ)」によると、日本でのスナップチャットの1日当たり利用者数(DAU)は新ARフィルター導入前と比べ16倍にまで一気に伸びた。日本でもいよいよブレイクが見えてきたと言える。

スナップチャットの流行の理由は2つある。1つは既存のARフィルターとは一線を画した新体験だ。

既存のARフィルターは自分の顔を元にして様々な装飾を加える。対して今回の新ARフィルターは、年齢や性別といった要素を簡単にひっくり返せる。未知の体験が多くの人の遊び心を捉えているのだろう。

2つ目はSNSで拡散されやすいコンテンツであることだ。新ARフィルターを使って多くのインフルエンサーが自分の顔を加工した画像や動画をツイッターやインスタグラムに投稿。話題の火付け役となった。

ヤフーのリアルタイム検索によると、「スナチャ」を含むツイートは最も多い5月18日には3764件に上った。その後も毎日500~3千のツイート数を保っている。ARフィルターを通すと、いつもの自分とは異なる存在になれる。普段は自分の顔写真をSNSに上げるのをためらう人もハードルが下がり、気軽に投稿できるようだ。

今月に入りアップルやマイクロソフト、グーグルといった世界トップのIT(情報技術)企業がARに関するニュースを次々と発信している。

アップルは開発者向けのイベント「WWDC」で、「ARKit」ツールのアップデートを発表した。「ピープルオクルージョン」と呼ぶ新技術により手前にある人間の背後にARが回り込めるようになり、より自然なAR環境を生み出せるようになった。プレゼンではこの機能を生かしたマイクロソフトの新ARゲーム「マインクラフトアース」も発表された。

グーグルはモバイルで特定の動物の名前を検索すると、3次元モデルがスマホを通して実際の風景に重ねられる新機能を発表した。AR技術の活用が本格化する中、どんなアプリが生まれユーザーに定着するのか、注視したい。

[日経MJ2019年6月12日付]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]