2019年8月25日(日)

欧州議会選後のEU(下) 課題解決力・存在意義 揺らぐ
細井優子 拓殖大学准教授

経済教室
コラム(経済・政治)
2019/6/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ポイント
○市民が直接構成員を選ぶ唯一のEU機関
○立法過程や欧州委員長任命などに影響力
○官僚的な効率性に市民の拒否感一層強く

欧州連合(EU)で5年に1度の欧州議会選挙が実施された。そもそも欧州議会とはどんな機関なのか。

EUは28加盟国が条約を締結し、主権の一部を共通の機構に譲るという世界でも類を見ない共同体だ。欧州統合は欧州市民の平和、繁栄、自由の保障などの実現を目指し始まった。その目的と仕組み…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。