2019年7月22日(月)

米大統領選後も保護主義は不変 キース・リッチバーグ氏
香港大学ニュースメディア研究センター所長

米大統領選
Asiaを読む
2019/6/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2020年の米大統領選に出馬する野党・民主党の候補と支持者にとって、トランプ大統領を破り、米国がトランプ氏以前の感覚を取り戻すことは極めて重要だろう。ところが外交政策の中でも主要なアジア政策では、トランプ氏の偏狭なナショナリズムや多国間の貿易協定への反対が、米国のニューノーマル(新常態)から逸脱しているとはいえない状況になっている。

クリントン元大統領やオバマ前大統領の政権のように、(基本的に)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。