/

この記事は会員限定です

石原信雄(7)東京での見習い

地方財政 大家から薫陶 仕事も伴侶も定まる

[有料会員限定]

1953年7月、茨城県庁での見習いを終え、東京に戻った。住まい探しは大変で、小石川にあった茨城県東京事務所にしばらく間借りした。茨城県の友末洋治知事からは異動後も調べものの依頼があり、県の事務所にいるのは何かと都合がよかった。

水戸の照子とは手紙のやりとりをし、休みにお互いに行き来して翌54年に結婚した。披露宴は虎ノ門の共済組合施設で開いたが、このころになると配給券を使わずにもてなすことができ「よ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1122文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

石原信雄

内閣官房副長官として昭和から平成にかけて7人の首相に仕えた石原信雄さん。竹下登内閣では消費税導入、昭和天皇の崩御と改元に立ち会いました。「私の履歴書」では、幼少期からの足跡をたどります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン