マイゴルフ

フォローする

実家が練習場 毎日200球、9歳でハンディ9
稲森佑貴(1)

2019/6/6付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

実家が練習場を経営しているのでゴルフは身近だった。2歳頃には大人のクラブでほうきを掃くようにボールと戯れていたらしい。4、5歳になるとジュニア用クラブのシャフトを切って遊んでいた。

本格的に始めたのは小学1年から。初めてジュニアの大会に出たら散々なラウンドで周りから浮いてしまい、やる気に火が付いた。アマで日本シニアオープンにも出場したこともある父にグリップの握り方、スイングの振り方などいろいろ教…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
全てのショットをハンドレートで構える

 延長にもつれ込んだ2007年日本アマ選手権決勝の小林伸太郎戦。準決勝を制したのと同じ延長5ホール目で勝負は決着する。
 445ヤードのパー4は左ドッグレッグでフェアウエーは右傾斜しており、ティーショッ …続き (10/18)

クラブはオーバーラッピングで握る

 2007年7月、愛知CCで開かれた第92回日本アマ選手権はいつもと違った。日本アマ百年の歴史で初めて地上波のテレビ中継が入った。その年の5月、男子ツアーを15歳で優勝した石川遼君が出場するとあって「 …続き (10/11)

勝ちに不思議の勝ちあり、とは言うけれど

 4位で終えた9月の日本シニアオープン。首位の谷口徹選手と6打差4位で最終日を迎えるにあたり、取材で囲んでくれたメディアに「6打差というのは験がいいんですよ」と言い残した。

 ゴルフの勝負は何が起こるか …続き (10/4)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]