/

この記事は会員限定です

「脱・24時間」コンビニの行方は(複眼)

安紗弥香氏/丸谷智保氏/渡辺広明氏/根本重之氏

[有料会員限定]

コンビニエンスストアが旗印としてきた「24時間営業」が岐路に立たされている。人手不足に伴うバイト賃金の高騰が加盟店を直撃。消費者の間でも「見直しやむなし」との見方が出ている。曲がり角を迎えたコンビニ経営の先行き、社会に与える影響を経営者や専門家に聞いた。

◇ ◇ ◇

店頭サービス絞れ 社会保険労務士 安紗弥香氏

コンビニ業界で人手不足が深刻化している。最大の原因は、現場が対応可能な許容量以上にサービスの種類を増やしたことにある。

サービスはモノを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3769文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン