/

この記事は会員限定です

石原信雄(3)勤労動員

校舎で戦闘機部品作り 終戦で憧れの文系に転進

[有料会員限定]

旧制太田中学に入学したのは1940年(昭和15年)である。1年目は授業があったが、翌年に日米が開戦すると勤労動員が始まった。42年は農家で勤労奉仕をし、43年になると、中島飛行機の太田工場で陸軍の戦闘機の部品を組み立てるようになった。戦闘機の「隼(はやぶさ)」や「鍾馗(しょうき)」、爆撃機「呑龍(どんりゅう)」などの組み立てに携わった。

44年には太田工場が爆撃され、設備を太田中学に持ち込んで校舎...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1147文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

石原信雄

内閣官房副長官として昭和から平成にかけて7人の首相に仕えた石原信雄さん。竹下登内閣では消費税導入、昭和天皇の崩御と改元に立ち会いました。「私の履歴書」では、幼少期からの足跡をたどります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン