2019年8月25日(日)

上高地に残る外国人登山者の日記 近代登山史をたどる
英国人牧師W・ウェストンが残した文化遺産 三井嘉雄

カバーストーリー
2019/6/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

私が長年住む長野県松本市からは日本アルプスの雄大な姿が望める。新緑が美しい初夏から梅雨に入るまでの今の時期は、多くの人が登山を楽しむ季節だ。

◇  ◇  ◇

英国の登山家が残す

この登山という文化を日本に紹介したのは、英国人牧師のウォルター・ウェストン(1861~1940年)という人物だ。登山家として日本の山々に登り、「日本近代登山の父」として知られる。

ウェストンは上高地の温泉宿に外国人登山者が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。