/

この記事は会員限定です

天安門事件30年 中国は今(複眼)

ウアルカイシ氏/アンドリュー・ネイサン氏/高原明生氏

[有料会員限定]

〈お断り〉高原明生氏の意向を正確に伝えていない部分を修正しました。(2020年1月23日)

中国で軍が学生らの民主化運動を鎮圧した天安門事件から6月4日で30年になる。この間、中国共産党は民主化に背を向け、1党支配をより強固にした。習近平(シー・ジンピン)国家主席を頂点とするこの体制はこれからも続くのか。日米の識者と、当時の学生リーダーに話を聞いた。

◇ ◇ ◇

民主化、世界共同の責任 天安門事件の元学生リーダー ウアルカイシ氏

1989年の天安門事件から中国の民主化と一般市民の政治参加の実現に向け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4051文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン