/

この記事は会員限定です

ファミコン、PS、セガサターン…ハード、ソフト保存に奮闘

ゲーム文化をいかに残すか 細井浩一

[有料会員限定]

ソフト1万点超、ハード約100点、攻略本や雑誌など関連資料4千点。私が代表を務める立命館大学の「ゲームアーカイブプロジェクト」が、20年かけて集めたものだ。図書館の資料の保存法なども参考に、大学の保管庫に室温24度、湿度50%の環境をつくった。ソフトは専用の保管箱に入れて保存している。

始まりは、学生たちの希望だった。私は大学、大学院と立命館で学び、名古屋の大学に経営学の教員職を得た。1994年、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1345文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン