/

この記事は会員限定です

人口減少社会の未来図(中) 真の働き方改革、成長の鍵

大沢真知子 日本女子大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○長時間労働是正と働き方の選択肢拡充を
○職場に残る長時間勤務評価の慣行見直せ
○300万人超の女性の潜在労働力活用を

人口減少社会においてイノベーション(技術革新)を起こし、一人ひとりの所得が高まれば、経済は持続的に発展する。今起きている人手不足を働き方改革のチャンスととらえれば、20年後の日本経済に明るい未来を描くこともできる。

逆に現状維持のための改革に終始すれば生産性は上がらず、個々人の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2621文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン