2019年7月20日(土)

有望なインドの健康企業
SmartTimes BEENEXT ファウンダー・マネージングパートナー 佐藤輝英氏

コラム(ビジネス)
2019/5/27付
保存
共有
印刷
その他

2022年には中国を超えて世界最大の人口を抱えるともみられるインドは巨大な人口を基に急速な経済成長を続ける一方で、栄養環境の向上に伴い生活習慣病が顕在化している。

1997年慶応大総合政策学部卒、ソフトバンク入社。2000年ネットプライス(現BEENOS)社長、同社を上場に導く。15年シンガポールを拠点に起業家支援のBEENEXT設立

1997年慶応大総合政策学部卒、ソフトバンク入社。2000年ネットプライス(現BEENOS)社長、同社を上場に導く。15年シンガポールを拠点に起業家支援のBEENEXT設立

糖尿病の患者は2015年段階で6900万人を数え、30年には9800万人を超えるとの予測が出ている。これらの情勢を受け、インド政府は予防医療の啓蒙や医療保険の拡充に力を入れている。

その影響もあってか主要都市では新しいフィットネス施設が続々とオープンし、特に若年層の健康意識が高まってきた。

そんななかで生まれたスタートアップ企業がへルシアンだ。「Health for Indians」を社名の由来とする同社はインド人の健康寿命を10年延ばすことをミッションに掲げ、在宅での精度の高い健康診断サービスを提供している。

スマートフォン(スマホ)で簡単な予約を済ませれば指定した時間に専門のトレーニングを受けた検査員が自宅に来て、その場で血液を採取する。

採取された血液サンプルは温度管理された専用容器で速やかに一番近くの提携検査施設へ運び出され、技師が精密検査を実施する。利用者は診断結果を24時間以内にデジタルデータとしてスマホ画面や電子メールで確認できる。

インドの健康診断

インドの健康診断

データはIDで管理され、過去の診断結果との比較が可能。次の診断時期には自動的にリマインダーの通知がくる。利用者がアプリ上で生活習慣に関する質問に答えれば、医師からの健康管理のアドバイスや食事療法のコンサルテーションを無料で受けられる。

検査員の訪問時には、その場にいる家族も血圧測定や血糖値確認などの簡単なサービスを無料で受けられる。家族全体の健康意識の向上にもつながり、まさに至れり尽くせりだ。

手軽でハイクオリティーなサービスが人気を呼び、開始から4年で実に60万人以上のユーザーが診断サービスを受けている。

同社の取り組みで重要なのは膨大な血液データだ。インドでは通常、健康診断の85%が中小の診断所で実施されるため、診断結果のデータは拡散している。

へルシアンはこれらをまとめてデータ処理し、膨大なデータを集めることができる。そのため今後は保険会社や製薬企業との連携を計画しているほか、将来は遺伝診断にもつなげようとしている。

もともとはデリー近郊で始まった同社のサービスだが、今では全国の30都市で展開している。今年は血液サンプルを集める専任スタッフを1000人以上採用し、一気に数百万人の顧客に対応できるような体制を整える予定だ。

同社はインドの健康市場に地殻変動を起こし、予防医療の入り口となるサービスを展開している。今後の活躍が楽しみだ。

[日経産業新聞2019年5月27日付]

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。申し込み月無料でご利用いただけます。

 
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。