/

この記事は会員限定です

橋田壽賀子(24)夫の遺志

定年から5年 訪れた別れ 大量の株券 遺産2億8000万円

[有料会員限定]

夫の岩崎嘉一(よしかず)、通称「かいち」が55歳になり、第1制作局専門職次長でTBSを定年退職したのは「おしん」の放送が終わって5カ月後の1984(昭和59)年8月31日のことだった。

夫は会社人間ではなく仕事人間だった。夫婦の間でも話題と言えばテレビや番組のことばかり。心からテレビの仕事を愛し、人生をささげるように打ち込んできた。

退職してから、夫は三番町のマンションを事務所に「岩崎企画」という...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1077文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン