/

この記事は会員限定です

新しいチンパンジー学 クレイグ・スタンフォード著

ヒトと異質な最も近い隣人

[有料会員限定]

アジアを中心に、デニソワ人、フローレンス原人、ルソン原人など、化石人類に関する新発見が相次いでいる。しかし化石だけでは、人間社会の起源を知ることは難しい。そこで、現在も生きている森の隣人チンパンジーの社会が注目された。なにしろヒトとチンパンジーのDNA配列は98.4%も共通しているのだ。

野生チンパンジーの研究は、伝説の人ジェーン・グドールと京都大学の研究チームが東アフリカでの観察を開始した196...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り708文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン