2019年6月21日(金)

新しいチンパンジー学 クレイグ・スタンフォード著
ヒトと異質な最も近い隣人

批評
2019/5/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

アジアを中心に、デニソワ人、フローレンス原人、ルソン原人など、化石人類に関する新発見が相次いでいる。しかし化石だけでは、人間社会の起源を知ることは難しい。そこで、現在も生きている森の隣人チンパンジーの社会が注目された。なにしろヒトとチンパンジーのDNA配列は98.4%も共通しているのだ。

野生チンパンジーの研究は、伝説の人ジェーン・グドールと京都大学の研究チームが東アフリカでの観察を開始した19…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報