日本経済 低成長からの脱却 松元崇著 雇用システムの改革を提唱

批評
2019/5/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

本書は、アベノミクスの立案に役割を果たした著者が、日本経済復活のために必要な長期的戦略を、行政の立場を超え、大局的な見地から論じたものである。

この30年余りの間に、グローバル化の進展で世界経済の構造は劇的に変化したが、日本はその潮流から取り残され、経済は低迷し世界における地位も著しく低下した。アベノミクスによって景気は緩やかに回復したが、将来の「成長」に向けた具体的施策は、明確には示されていな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]