2019年6月25日(火)

奥深き「どんつき」の世界 町に残る行き止まりを訪ねて
妄想を膨らませる楽しみ方 斎藤佳

カバーストーリー
2019/5/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「どんつき」は主に関西圏で使われている言葉で、簡単に言うと行き止まりという意味だ。となると、薄暗い、不便そう、面倒くさいなど、ネガティブなイメージがついて回る。それを変えたいと活動しているのが、我々「ドンツキ協会」である。

協会は東京スカイツリーのお膝元、東京都墨田区の向島にある。戦争で焼け残った町で、昔ながらの町並みが残り、袋小路も多い。ちなみに協会といっても、メンバーは会長の私と理事の木村吉…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報