2019年9月23日(月)

大学発医薬特許 どう生かす(複眼) 秋元浩氏/本田圭子氏/隅蔵康一氏

2019/5/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

がん免疫治療薬「オプジーボ」のもとになる研究成果をめぐり、ノーベル賞受賞者の本庶佑・京都大学特別教授が小野薬品工業に対し、共有特許の使用対価(ロイヤルティー)が少なすぎると不満を表明している。問題の背景と回避策を、産学連携や知的財産ビジネスの担い手に聞いた。

◇  ◇

■投資は企業にとって賭け 知的財産戦略ネットワーク社長 秋元浩氏

生命科学分野の研究開発は時間とカネがかかり、失敗のリスクが大きい。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。