/

この記事は会員限定です

災害からの安全保障 常設の防災復興庁が不可欠

五百旗頭真 ひょうご震災記念21世紀研究機構理事長

[有料会員限定]
ポイント
○東日本大震災では政府が創造的復興提唱
○復興庁設置期限の21年以降も課題は残る
○日本列島の防災ノウハウ生かす司令部を

世界銀行は「東日本大震災からの教訓」と題する報告書を2012年秋にまとめた。それに言う。この列島の住民は、過去2000年にわたり繰り返し災害に見舞われ、その中で対処ノウハウを蓄積してきた。であればこそ、大災害の犠牲がこの程度に抑えられた。

その一例として「釜石の奇跡」と呼ばれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2643文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン