/

この記事は会員限定です

橋田壽賀子(19)ドラマは家庭の中にあり

義母に波立つ心 作品に昇華

[有料会員限定]

夫嘉一の父、彦次郎は終戦間際の1945(昭和20)年4月、乗っていた船がアメリカの潜水艦に沈められて亡くなった。残された2男3女を女手一つで育て上げたのが母けいだった。

次男の嘉一はそんな母親が大好きで、結婚してからも暇を見つけては沼津の生家に住む母を訪ねた。夫が一人で行けばお姑(しゅうとめ)さんから「どうして壽賀子さんは来ないんだ?」と聞かれるというので、私も夫と一緒に行った。

嫁らしく台所を手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1088文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン