2019年6月20日(木)

山海記(せんがいき) 佐伯一麦著 土地の記憶 風景に重ね語る

批評
2019/5/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

被災地の様子をテレビで観(み)るたび胸はつまるし、あれこれの想像が去来しもする。だけど、番組制作側は定番のアングルをこしらえては、先回りして映像の意味づけを行うものだから、そんな視聴者側の想いもあらかじめ用意された枠内にすっぽり収まるのかもしれない。映像は現場のごく一部を切りとり、のっぺりした情報やデータへと還元してしまう。

さて、本作の主人公「彼」はかれこれ4年間、仕事の合間をぬって全国各地、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報