2019年6月24日(月)

「第四次産業革命」を生き抜く クラウス・シュワブ著 新技術の恩恵 公平な分配を

批評
2019/5/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「第四次産業革命」は過去の産業革命と同様か、それ以上に世界の経済・社会に大きなインパクトを与えると予想される。生産者の側はマーケティングや資源配分を大きく改善させ、近年世界で停滞している生産性を飛躍的に向上させる可能性があり、消費者の側は高度にカスタマイズされた高品質な製品・サービスを期待できる。

しかしながら、所得格差の拡大、環境破壊など産業革命のマイナス面も忘れてはならない。著者は新技術がも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報