/

この記事は会員限定です

橋田壽賀子(17)亭主関白

夫の前では原稿書かず 視聴率より共感呼ぶ作品

[有料会員限定]

夫の嘉一からは「結婚したら俺の前で原稿用紙を広げるな」と言われていた。主婦業をこなすのが第一で、余裕があれば脚本を書いてもいいという。新居は千代田区三番町のマンションだった。3畳足らずのダイニングキッチンの大半を大きなテーブルが占めていて、夫が出勤するとそこが仕事場になった。

原稿を書きながら、座ったまま振り向いて火加減を調節する。そんな毎日が楽しくて東芝日曜劇場や連続ドラマ「パパ長生きしてねッ!...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1090文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン