/

この記事は会員限定です

石炭火力は続けられるか(複眼)

高村ゆかり氏/杉山大志氏/橘川武郎氏

[有料会員限定]

石炭火力発電所が国際社会で厳しい視線にさらされている。二酸化炭素(CO2)を多く排出する環境負荷の重さに批判が集中しており、日本も背を向けるわけにはいかない。エネルギーの安定に苦心する中、気候変動と経済性のバランスをどうとるか。識者に日本の針路を聞いた。

◇  ◇

脱・炭素へ今すぐ行動 東京大学教授 高村ゆかり氏

石炭火力を使い続けるロジック(考え方)はもはや崩れている。温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の採択をきっかけに世界は大きく変わった。日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3985文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン