/

この記事は会員限定です

巨大IT企業と競争政策(下) デジタル市場の規律化急げ

大橋弘 東京大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○情報の優位性に基づく囲い込みで不利益
○現行独禁法の枠組みによる法執行は有効
○縦割りの競争当局を分野横断的な組織に

 膨大な情報の中から、必要なものを1カ所に見やすくまとめてくれるプラットフォーム(基盤)の機能は大変便利だ。例えばオンラインモールがあることで、店舗を訪ね回ることなく、目当ての商品を最安値で簡単に見つけられる。

一方、店舗にとっても消費者との距離を格段に縮められる。特に資本力の乏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2610文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン