/

この記事は会員限定です

巨大IT企業と競争政策(上) 欧州、データ保護規制と協働

川浜昇 京都大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○支配的地位の隣接市場での濫用防止重視
○消費者利益が害されたかどうかを基準に
○個人の自由なデータ持ち運びが競争促進

米グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コムなど、プラットフォーム(基盤)機能をコアとする巨大IT企業による独占の弊害が多くの国で問題視されている。

その規制のあり方は政治的にも重要な課題で、巨大IT企業の分割や公益企業型規制の提案もみられる。競争法に基づく規...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2653文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン