/

この記事は会員限定です

ネット社会の行く末(複眼)

ビントン・サーフ氏/村井純氏/孫泰蔵氏

[有料会員限定]

インターネットなしの生活など想像もできない時代。現代人はその便利さを享受しつつ、プライバシー侵害などの難問に直面している。元号が改まった今年はワールド・ワイド・ウェブ(WWW)ができて30年。草創期からネットの発展を見つめてきた専門家に来し方行く末を語ってもらった。

◇  ◇

偽情報見抜く批判精神を グーグル バイス・プレジデント ビントン・サーフ氏

私はインターネットの開発に関与し、1974年にネットの協定ともいえる技術的な手続き「TCP(トランスミッション・コントロール...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4020文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン