/

この記事は会員限定です

統計学からみた統計不正 正確な誤差評価、信頼性の礎

国友直人 明治大学特任教授

[有料会員限定]
ポイント
○大規模事業所データの正確性が特に重要
○科学的知見で「失われたデータ」の補完も
○全数調査への非協力企業の処分も検討を

2018年12月、厚生労働省による「毎月勤労統計データの不適切処理」が報じられたとき、国民にとっても多くの経済統計家にとっても寝耳に水だった。その後「統計不正」は連日メディアで取り上げられ、国会の予算委員会でも最優先の審議事項になった。

あれから数カ月が過ぎ、問題は何だったの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2628文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン