/

プラント会社とは 日揮・千代田化工・東洋エンジが大手

きょうのことば

▼プラント会社 石油精製や液化天然ガス(LNG)などの生産設備の設計や資材調達、建設工事を担う。日本では日揮千代田化工建設東洋エンジニアリングの3社が大手だ。千代田化工と日揮は、欧州テクニップFMCなどと並びLNGの巨大プラントの建設技術を持つ。扱う部品が数十万点に上り、建設現場では1日に約1万人の作業員を動員するノウハウが必要で、参入障壁が高い。

各社の業績は資源価格や国際情勢に大きく左右される。1990年代末には韓国勢などとの安値競争やアジア通貨危機が響き、日本の3社がそろって最終赤字に転落した。2008年ごろは原油高で需要が増えたが、資機材の高騰につながり逆に経営が悪化した。

現在は世界的なLNG需要の拡大を受け、各社はLNG関連の受注に動いている。日揮は英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルや三菱商事がカナダで手掛ける総開発費約1兆6千億円の巨大プラントを受注した。テクニップも米国で巨大案件を受注。LNG事業の成否がプラント会社の成長を握っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン