/

春秋

仕事に疲れると、口ずさみたくなる歌がある。●(歌記号)知らない街を歩いてみたい どこか遠くへ行きたい――。永六輔作詞、中村八大作曲で1962年に世に出た「遠くへ行きたい」だ。長く続くテレビ番組のテーマソングに使われ、世代を超えて愛され、なお命脈を保つ。

▼旅に出ること、未知の土地を巡ること。それは気ぜわしい日常を転換し、心をリフレッシュする特効薬だ。この曲が長く歌い継がれてきたのも、旅への憧憬をたしかな言葉でつづっているからだろう。「予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず」。芭蕉の願望は現代人の胸の奥にも脈打っている。

▼10連休が始まった。旅先や車中で小欄を読んでいる人も多いはずだが、さっそく片手に缶ビール、記事を目で追うのも普段よりゆっくりだろうか。あれもこれもと欲張らず、車窓の新緑に見とれるだけでもいい。「なんにも用事がないけれど、汽車に乗って大阪へ行って来ようと思う」。こう書いた内田百●(もんがまえに月)は旅の達人だ。

▼「遠くへ行きたい」の歌詞は、●(歌記号)知らない海をながめていたい――と続く。「ながめてみたい」ではなく、時間の経過を忘れて、見知らぬ海と向き合っているイメージなのだろう。昨今の旅の情報といえばグルメも温泉も、もっぱら「○○してみたい」。けれど、せっかくの大連休である。ここは断然「楽しんでいたい」。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン