2019年7月24日(水)

アルゴリズム絵画4800万円 AI学習データ、誰のもの?
先読みウェブワールド (瀧口範子氏)

コラム(ビジネス)
ネット・IT
2019/4/29付
保存
共有
印刷
その他

NIKKEI MJ

このところ、人工知能(AI)が学習のために使うデータは一体誰のものか、という議論が目立っている。

米IBMはAIの学習のため、フリッカーに投稿された顔写真を断りなく用いた

米IBMはAIの学習のため、フリッカーに投稿された顔写真を断りなく用いた

最近では、写真共有サービス「Flickr(フリッカー)」に投稿された人の顔の画像を100万枚利用して、米IBMがAIの学習用に処理しデータセットとして研究用に共有すると発表して、反論が巻き起こった。写真に写った誰も、自身の顔が利用される許可を求められなかったからだ。撮影者にも断りはなかった。

フリッカーはクリエイティブ・コモンズ(CC)の画像の投稿で知られる。CCは指定のクレジット記載に従えば、無料での利用に同意するもの。だがリユースやリミックスなど創造目的が前提で、AIを訓練するデータとなるとは予想外のことだ。

IBMは公正な顔認識技術を実現するため、フリッカーの顔写真を使ったという。

学習データが偏ると、AIが判断する結果にも受け継がれる。皮膚の色が濃い女性は顔が正確に認識されにくい傾向がある。白人中心、男性中心のデータがAIの学習に利用されてきたことに原因がある。そうしたバイアスを取り除くために多様な顔の画像が集まるフリッカーを利用した、CCの画像は公平さという目的に貢献している、という主張だ。

昨年は、フェイスブックが傘下のインスタグラムから35億枚もの画像をAIに学習させたことが議論を呼んだ。

画像認識の機能を向上させるため、普通なら開発者らが画像の内容に注釈をつけ、AIに画像と内容の照合を学習させる。それをユーザーが投稿時につけるハッシュタグで代用した。ユーザーがAIの下働きをしている格好だ。すてきな写真の投稿がこんなふうに使われるとは。ユーザーは事前に知らされるべきではないのか、という疑問が沸き起こった。

たきぐち・のりこ 上智大外国語(ドイツ語)卒。雑誌社、米スタンフォード大客員研究員を経てフリージャーナリストに。米シリコンバレー在住。大阪府出身。

たきぐち・のりこ 上智大外国語(ドイツ語)卒。雑誌社、米スタンフォード大客員研究員を経てフリージャーナリストに。米シリコンバレー在住。大阪府出身。

もっと分かりにくい事態も起きている。AIが生み出すアートである。

オークションハウスのクリスティーズが昨秋、アルゴリズムが生み出した絵画をニューヨークで出展したところ、43万2500ドル(約4800万円)もの値段がついた。この絵は14~20世紀の肖像画を1万5千点もAIに読み込ませて描いた。これ以来、AI絵画は大流行している。

著作権侵害にならないような古い絵画を学習させるケースもあるが、現存する画家の作品を元にした作品もそのうちたくさん出るだろう。AI絵画に高価な値段がついた場合、分け前を渡せと主張する人が出てもおかしくない。

同じことは音楽の分野でも危惧されていて、アーティストが満身の力で作った曲の数々をAIが横取りすることになるのではないか。疲れ知らずのAIは、人の作品を貪欲に食べて新たな作品を吐き出していく。

数歩下がって見ると、人間同士がやり取りしている周りを、AIがぐるりと囲んでいるように感じられないだろうか。我々はただのデータ生成機械ではないかとも見えてくる。結果がいいことにつながるのならば文句はないが、顔認識のように翻って我々を監視する技術につながるのならまったくの主客転倒だ。

[日経MJ2019年4月29日付]

「日経MJ」をお手元のデバイスで!

 日経MJではヒット商品の「売れる」理由を徹底リサーチ。売り場戦略から買い手の最新動向まで、独自に取材。「日経MJビューアー」を使えば、全てのデバイスで閲覧できるようになります。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。