/

この記事は会員限定です

インドネシア 国民統合の試練 マイケル・バティキオティス氏

人道対話センター アジア地域ディレクター

[有料会員限定]

インドネシアの大統領選挙で、ジョコ・ウィドド大統領が再選を確実にした。ジョコ氏には現職の強みがあり、経済政策でじゅうぶんな現状の代替案が他から出なかったため、多くの有権者は継続性を支持した。

一騎打ちの相手となったプラボウォ・スビアント元陸軍戦略予備軍司令官は、外国に富が奪われているなどと主張した。だが5年前に比べて基本的な生活費は高くなったものの、国民の大半はより良いサービスを受けられるようにな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1595文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン