/

この記事は会員限定です

マイナンバー現状と課題(上) 記載徹底、国民理解カギ

榎並利博 富士通総研経済研究所主席研究員 須藤修 東京大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○番号制度身近になり積極的な展開可能に
○災害時の生命財産保護に向けた活用急務
○政府は公平公正な社会実現へ具体策示せ

マイナンバーは日本に居住するすべての人が保有する12桁の番号である。失われた年金納付記録の問題をきっかけとし、複数の行政機関における個人情報が同一人物のものであることを裏付けるために導入された。2016年から社会保障、税、災害対策の3分野で利用が始まり、その目的は(1)公平・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2500文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン