傲慢と善良 辻村深月著 測りしれない葛藤 輝き放つ

読書
2019/4/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

何とも力強い恋愛小説である。

中盤の予想外の展開に驚き、その索然とした事実の提示に、これはどう考えても胸をうつ話にはならないだろうと思うのだが、まったく違っていた。凡庸や鈍感であることを否定的に使わず、むしろ複雑な意味合いを十二分に捉えていて、何度も頷(うなず)きながら読むことになる。人間性に対する深い観察が随所にあり、読みとばせない。

西澤架(かける)と坂庭真実は婚活で知り合い、2年後婚約する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]