/

この記事は会員限定です

傲慢と善良 辻村深月著

測りしれない葛藤 輝き放つ

[有料会員限定]

何とも力強い恋愛小説である。

中盤の予想外の展開に驚き、その索然とした事実の提示に、これはどう考えても胸をうつ話にはならないだろうと思うのだが、まったく違っていた。凡庸や鈍感であることを否定的に使わず、むしろ複雑な意味合いを十二分に捉えていて、何度も頷(うなず)きながら読むことになる。人間性に対する深い観察が随所にあり、読みとばせない。

西澤架(かける)と坂庭真実は婚活で知り合い、2年後婚約するも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り732文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン