/

この記事は会員限定です

グローバル化の功罪(下) 価値観の分断、政治を二極化

柴山桂太 京都大学准教授

[有料会員限定]
ポイント
○中間層没落などグローバル化の反動顕著
○恩恵受ける知識階層と普通の人々が対立
○経済的破局を機に支配層への不満噴出も

英国の欧州連合(EU)離脱やトランプ米大統領の保護主義が、これまで一体化に向かって進んできた世界経済を揺るがせている。こうした事態はグローバル化の反動と呼ばれている。

特に関心が高いのが、中間層の没落と呼ばれる現象だ。ジュネーブ国際高等問題研究所のリチャード・ボールドウィン教授...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2645文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン