2019年6月17日(月)

グローバル化の功罪(中) 内外資源結合 変革の機会に
高橋信弘 大阪市立大学教授

経済教室
コラム(経済・政治)
2019/4/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ポイント
○高品質商品の提供や職場の活性化に寄与
○所得格差拡大や為替変動直撃など弊害も
○グローバル化は不可避だけに適応が必要

技術進歩による生産方法の変化や通信・輸送コストの低下により、日本企業の海外生産や製品輸入が拡大している(図1参照)。また人口減少に備え、多くの日本企業が海外での販売を増やす。一方、国内では労働力不足のため外国人労働者の受け入れが拡大する。

日本はグローバル化を活用し、そしてそ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報