迷走ブレグジット(下) 「統合の利益」放棄 代償大きく
岩田健治 九州大学教授

経済教室
2019/4/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○EUと英国の将来関係巡り複数の選択肢
○無秩序離脱なら英経済は08年以上の危機
○英国内での自動車生産縮小で雇用不安も

英国の欧州連合(EU)離脱を巡る混乱が続いている。2018年11月、英国以外のEU27カ国(EU27)と英国は「離脱協定」と将来枠組みを定めた「政治宣言」に合意したが、英国議会(下院)の審議が紛糾した。

最大の問題は北アイルランドだ。これまで北アイルランドを含む英国と隣国ア…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]