2019年5月22日(水)

スコアリングとは AIで信用力を数値化、融資優遇も
きょうのことば

AI
2019/4/22付
保存
共有
印刷
その他

▼スコアリング 人工知能(AI)などを使い、個人の信用力を数値で示すサービス。分析対象は収入や借金の金額などの金融情報にとどまらず、世界各国の企業がそれぞれ独自の採点手法を開発している。スマートフォン(スマホ)の位置情報や通話の頻度、ウェブの閲覧履歴のほか、SNS(交流サイト)の友人関係など、様々なデータを分析して採点する仕組みが出てきている。

最も注目を集めている仕組みのひとつが、中国のアリババ集団傘下の金融会社「アント・フィナンシャル」が2015年に始めた「芝麻(ゴマ)信用」だ。資産状況やクレジットカードの返済履歴だけでなく、ネットを通じた購買履歴や交友関係など生活ぶりを幅広く分析するのが特徴で、利用者は5億人以上とされる。

ゴマ信用は点数が高いと融資の条件が有利になるうえ、ホテル予約の保証金が不要になったり外国のビザが取りやすくなったりもする。スコアが低いと就職や結婚で不利になるともいわれ、生活への影響が強まっている。

【関連記事】
デジタル貧困5.4億人 人の価値、AIがはじく
新たな貧困「バーチャルスラム」、格差固定も
「五つ星」への誘惑 汚れたレビュー、日常を支配
リアル店向け「狙うチラシ」 LINEが消費者データ開拓
WWW30歳、新たな闘い データ活用は個人のために

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報