2019年7月18日(木)

プラットフォーマーとは 利用者や取引企業に影響力
きょうのことば

ネット・IT
2019/4/21付
保存
共有
印刷
その他

▼プラットフォーマー インターネットを通じて第三者にサービスの「場」を提供する企業を指す。代表例は「GAFA」と呼ばれる米国のグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム。SNS(交流サイト)や検索、映像・音楽の配信など幅広いサービスを手がけ、国内勢ではヤフーや楽天などが当てはまる。中国も同じ企業群として「BAT」(バイドゥ、アリババ集団、テンセント)を抱える。

プラットフォーマーは消費者や出品企業など様々な立場の人や企業に大きな影響を与える。利用者が増えるほど恩恵が増える「ネットワーク効果」によって、データの寡占や一人勝ちの状態を生み出しやすい。他の企業のビジネスへの参入が困難になると、競争が滞る。プラットフォーマーと取引する企業は価格交渉などで不利になる懸念もある。

欧州連合(EU)はプラットフォーマーへの対策を強化し、グーグルに高額の制裁金を科すといった措置を実行している。個人データの持ち出しなどに規制をかける「一般データ保護規則」(GDPR)も施行した。一方、自国にプラットフォーマーを抱える米国や中国は規制に慎重とされる。

【関連記事】
巨大IT規制、社名公開や独禁法適用へ 政府案提示
巨大IT規制、GAFAへの影響は? 成長鈍る懸念も
巨大IT規制、取引先企業への影響は? 取引環境が改善
巨大IT規制、個人への影響は サービスの選択肢増加
楽天など立ち入り 旅行サイトで「最安値」不当要求か
旅行予約サイトに監視の網 「最安値」要求が生む弊害
「GAFAの言いなり」取引先不満 経産省調査で詳細

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。