2019年5月27日(月)

宇宙戦争の危険 アジアで現実味 ブラーマ・チェラニー氏
印政策研究センター教授

Asiaを読む
2019/4/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中国は2007年、ミサイルを使った人工衛星の撃墜実験を実施した。宇宙の軍事化の懸念を呼び起こすとともに、国際的な批判にさらされた。インドも3月、同様の実験を実施した。反応が控えめだったのは、大国の能力が格段に進歩し、誰も実験に驚かなくなったことをあらわす。

国防政策の決定者は、宇宙戦争の危険に対応する必要が出てきた。衛星攻撃兵器(ASAT)の技術と弾道ミサイルの防衛システムが結びつき、攻撃、防御…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報