2019年7月23日(火)

小説が語る元号と時代
移ろう諸相を反映 幸せへの願い、令和も変わらず 縄田一男

カバーストーリー
2019/4/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

元号と物語の関係をたどっていくと、わが国の歴史・時代小説の様々な相貌が見えてくる。

日本の元号のはじまりは大化。これは皇極天皇4年、孝徳天皇の即位によって使われるようになった。

□ □ □

大化の興亡描く

大化の2文字は『書経』『漢書』『宋書』の3書からとられたが、勘申者(かんじんしゃ)は不明。意味は、徳をもって大いに導き、人心を良き方向へ変えることである。この時代の最も有名な事件といえば「大化の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。