迷走ブレグジット(上) 「決める力」喪失 分断は先鋭化
高安健将 成蹊大学教授

2019/4/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○離脱巡るメイ首相の玉虫色の提案があだ
○欧州議会選を経ると対立がさらに鮮明に
○国民投票再実施による事態打開も望み薄

英国の欧州連合(EU)離脱問題は、英国の政治社会に混乱を引き起こしている。第1に、これまで「決める」ことを得意としてきた英国政治が方針を決められず、不透明感を広げている。第2に、この問題で近年例を見ないほどに国内対立が先鋭化している。

英情報機関(MI5)の前長官は、議員らに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]