/

春秋

東京タワーの明かりが消えた。バブルの象徴だった六本木の街が静寂に包まれた。銀座のショーウインドーには白菊や黒いリボン。午前零時、皇居前広場では暗闇のなかで数百人がただ手を合わせて「昭和」を見送った。30年前の、平成が始まるときの東京風景である。

▼昭和天皇の逝去から18時間後の改元だ。当時の新聞を読み返すと、世の中はあの夜、いまでは想像しがたいほどの自粛ムードだったことを思い出す。テレビは追悼番組を流しつづけ、土曜日なのに盛り場は閑散として新しい時代を迎えた。さて、時は流れて「平成→令和」。前回とは正反対の改元フィーバーが列島を覆う。

▼菅官房長官が新元号の額を掲げた直後から令和あやかり商品は続々登場し、5月1日の「令和婚」カップルの婚姻届を受理するのに役所は特別態勢だという。あと2週間。いよいよ到来するその瞬間に向け、お祭り騒ぎの熱はいや増すはずだ。渋谷のスクランブル交差点にはカウントダウンの人々があふれるかもしれない。

▼行きすぎた自粛や沈痛な空気の伴わぬ、こういう明るい改元が実現するとはかつて誰が考えただろう。諒闇(りょうあん)の静けさが社会のすみずみに広がり、カウントダウンはおろか、歓声をあげるのも憚(はばか)られた「昭和→平成」の節目とはことごとく違うのである。もちろん、もっと昔とも違う。走り出すと一色になる国民性を除いて。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン