2019年5月24日(金)

流れる(4) 奥村土牛「鳴門」
脚本家 東多江子

美の十選
2019/4/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

奥村土牛(とぎゅう)の牛の絵はよく知られている。牛ばかりでなく土牛が描く生き物たちにはどれも温かさがある。

そして激しい流れの渦潮を描いたこの作品にも、温度がある。激しいことと優しいことは矛盾しないのだな、と気づかされる。

何度か実際に船から眺めた鳴門の渦潮を振り返れば、その迫力に圧倒されながらも、同時にずっと見つめていたい親しみも沸いたっけ。

土牛は、鳴門の渦潮に出会ったとたん創作意欲が湧き上…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報