2019年5月23日(木)

流れる(2) ミレー「流れ星」
脚本家 東多江子

美の十選
2019/4/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

志と奨学金を携えて22歳のミレーは、大都会パリにやってきた。しかし街の空気になじめず夢には遠く、農民画家として才能を開花させるまでには、12年の歳月を待たなければならなかった。

「流れ星」はバルビゾン村に移住する直前に描かれた作品のようだ。

夜空を上昇する女性は、すでに息絶えている。有無を言わさずその肉体を引き上げている男性は屈強だが、いったいどこを目指そうというのか……。

ミレーの有名な作品は…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報