大震災、仕入れ先を優先
仕事人秘録 アイシン精機相談役、伊原保守氏(3)

仕事人秘録
2019/4/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 2011年の東日本大震災は、熊本地震と並び、大災害対応では現在に至る礎となった。

東日本大震災の発生当時、トヨタ自動車の専務だった私は調達本部長として対策本部の長も務めることになりました。調達の復旧の大方針としてまず過去の大災害と同様に、(1)人命(2)仕入れ先、地元優先(3)自動車の生産――と順位を付け、トヨタの生産を優先しないことを徹底しました。

会議では被害仕入れ先の状況、「クリティカル品…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]