2019年9月22日(日)

米中貿易協議「4週間で方向性」 合意なら首脳会談 追加関税になお溝

2019/4/5付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は4日、貿易協議のため訪米した中国の劉鶴副首相と会談した。中国と合意できた場合は首脳会談を開くと改めて表明したうえで「(その可能性は)今後4週間以内に分かるだろう」と語った。両政府は月内の最終決着を目指してきたが、追加関税の扱いなどで溝が残っており、さらに時間がかかる可能性がある。

ホワイトハウスで開いた会談の冒頭で記者団に述べた。両政府は3日からワシント…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。