感謝と執念の生産復旧
仕事人秘録 アイシン精機相談役、伊原保守氏(2)

仕事人秘録
2019/4/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 熊本地震後、必ず元の場所で生産を再開するとの信念で全社をあげて復旧に取り組んだが、金型が機械の中に取り残されるなど難航した。

取り出しに最も時間がかかったのは、傾いた1200トンのプレス機の中に残された、ダイハツ工業向けのボディー部品の金型でした。作業にかなりの時間が必要なことが分かったので、金型を試作の形で新しく製作することで生産を早期に再開し、量産できる金型の完成を待つという戦略をとることに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]