2019年5月27日(月)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,173.35 +56.13
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,150 +50

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

トップに聞く[映像あり]

インフォマート 社長 長尾 収

5月27日(月)09:50

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

5月24日(金)14:20

[PR]

投資番付

フォローする

新興市場銘柄の株価上昇率 10連休やAI関連が上位
日本株番付

2019/4/3付
保存
共有
印刷
その他

世界景気の減速や貿易摩擦が影を落とし、株式市場には先行き不透明感が強い。主要企業の株価の上値が重いなか、新興市場には大幅に上昇している銘柄もある。業績好調な新興企業に絞って今年の上昇率をランキングしたところ、10連休となるゴールデンウイーク(GW)や人工知能(AI)関連企業などが上位に目立った。

東証マザーズとジャスダックに上場する時価総額250億円以上の企業のうち、今期(2.3月期企業は前期推定)の営業利益見通しが黒字の企業を対象に昨年末と19年4月2日終値の株価を比較した。

1位のベルトラは国内や海外の現地ツアーの予約サービスを手掛ける。10連休での需要増が期待され、2019年12月期の営業利益は前期比4割増の見通し。株価は昨年末に比べ3倍となった。

上位にはAI関連銘柄も目立った。5位のHEROZと6位のパークシャテクノロジーはともにAI開発を手掛ける。今期の営業利益はともに2ケタ増を見込む。

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム